トレンドグッチョイブログ

人気のトレンドアイテムや情報を発信中

マクドナルドの肉の正体は動物性脂肪生地とアンモニア!?

   

マクドナルド好きな私としてもかなり衝撃的な
ニュースが飛び込んできました
ジェイミー・オリヴァーがマクドナルドに勝った、肉の正体が明らかに

削除された時の為に記事全文も記載しておきます

——————————————
オリヴァー氏が勝訴した裁判により、
マクドナルドのハンバーガーの「肉」が、
動物性脂肪生地とアンモニアから作られていることが証拠付けられた。

オリヴァー氏は、勝訴した裁判により、
マクドナルドのファーストフードチェーンでは、
本当の肉の代わりに、食用肉から出たくず肉、腱、脂肪
、結合組織を混ぜた物から成るペースト状の
生地とアンモニアが使用されていることを証明したことになった。

イギリス人シェフ兼テレビ番組作成者のオリバー氏は、
ハンバーガーとナゲットのおいしさの裏に潜む
恐るべき真実を明らかにした。
オリバー氏の発言によると、マクドナルドの店舗で
サービスされる商品は、食品として定義不能である。

——————————————
ここまで。引用元:国民の勝利

マクドナルドの肉はなに?

上文から、イギリスの有名シェフ、
ジェイミー・オリヴァー氏が
裁判に勝訴したことにより、マクドナルドで
使用している肉は、

動物性脂肪生地とアンモニアから

作られていることが証拠付けられた!!
内容はこうだ

本当の肉の代わりに、食用肉から出たくず肉、
腱、脂肪、結合組織を混ぜた物から成る
ペースト状の生地とアンモニアが
使用されていることを証明したことになった。

更にネット記事なので100%信じ切れないとはいえ
こちらも衝撃的な内容

アメリカのマクドナルドがピンクスライム肉を使用していた理由

ここで取り上げられてる

ピンクスライム肉ってなに?

ドッグフードや調味料油に用いられているクズ肉を
加熱した後に遠心力を使って肉片を取り除き、
水酸化アンモニウムで防腐処理して
加工されたのがピンクスライム肉

文字を読んでるだけでちょっと気持ち悪くなる
このピンクスライム肉。
上記記事を読んでみると分かりますが
どうやら地域によって使ってる肉に違いがあるようです
なので、日本のマクドナルドのお肉も
他の国とは違う加工処理をされてるお肉なのか?

そこでこちら!

マクドナルドの実際の肉パテの画像

こちらたまたま撮った
これまたちょっとひと騒ぎあった「カルビマック」の画像
マックの肉の画像

撮ったきっかけはネットで騒がれていた
カルビマックのカルビが異常に少ないって投稿から
本当か?と買って調べた時の画像で。

マジマジと見てみると、お肉なの?と
思われる何か黒い物体も見ることが出来る

確かマックはこんなこと言ってましたよね

ハンバーガーのお肉は本当にビーフ100%?

この回等にマックの公式サイトでは

A.ハンバーガーパティは牛肉100%です。
タマゴやパン粉などのつなぎや
うま味調味料などの食品添加物も一切使っていません。

マックのお肉に関して公式サイトにはこんなページも
見えるマクドナルド品質

勿論この工場も存在してると思いますが
この工場からのお肉が果たして私たちが食べてる
ハンバーガーと同じなのか?に疑問が出ますよね
公式サイトでそれほど公開してるにも関わらず
裁判で負けてしまうって事は公開してる情報は嘘?
と思われてもしょうがないですね

今、マクドナルドのハンバーガー選手権が
開催中ですが、このニュースを知ってしまい
怖くて投票するのも悩みます

 - トレンドネタ , ,