トレンドグッチョイブログ

人気のトレンドアイテムや情報を発信中

ふるさと納税でお得な返礼品をもらおう

      2016/10/03

先ずふるさと納税を知らない方と言うか
私も言葉は知ってましたが、内容を良く
知らなかったので、調べてみました

ふるさと納税の制度と仕組み

個人が2,000円を超える寄附を行ったときに
住民税およそ2割程度が還付、控除
される制度で勘違いしがちなのが自分の故郷
ではなくてもOK好きな自治体に寄付する事
が出来、寄付する自治体も1ヶ所じゃなくても
いいんです

ですが、ここでいくらでも、そこら中に寄付
して色々もらっちゃおうって考えちゃうん
ですがそこはしっかり注意点がありました 
それが年収毎に控除額の上限がある事
下記を目安にしてみて下さい

一人分の給料収入 寄付金額の目安 税の軽減額 社会保険の負担割合
200万円 6,000円 4,000円 15.00%
300万円 19,000円 17,000円 15.40%
400万円 33,000円 31,000円 14.80%
500万円 49,000円 47,000円 15.20%
600万円 68,000円 66,000円 15.40%
700万円 86,000円 84,000円 15.10%
800万円 12,000円 118,000円 14.80%
900万円 142,000円 140,000円 14.90%
1000万円 166,000円 164,000円 14.00%
1500万円 364,000円 362,000円 12.00%
2000万円 531,000円 529,000円 10.60%
3000万円 1,009,000円 1,007,000円 7.50%
5000万円 2,025,000円 2,023,000円 4.90%
1億円 4,288,000円 4,286,000円 2.60%

年収500万のサラリーマンの寄付金の
目安は47000円になり
年収300万だと17000円ですね

寄付するタイミングを間違わないように

ふるさと納税で寄付をしたとしてもそのタイミング
によっては控除対象が翌年になってしまうので
年度内の控除で申請する場合は必ず年内の
12月31日までに寄付をしておくことです。

さて、大まかなふるさと納税の仕組みと金額が
分かったところでいざ!お得な返礼品選びです
これが一番楽しい時間ですねー

返礼品の人気ランキング


■高級和牛
■お米
■魚介類
■果物
■海老・カニ類

最近CMでもみるふるさと納税が
ネットから簡単に出来るようになりました

ウェブでふるさと納税(受付中)

 - グルメ, トレンドネタ, 趣味 ,